MENU
2015/08/09 20:57:09 |
美しくなるために使う化粧品だから、肌に良い成分が配合されていると思うのが普通ですよね。ところが、中には肌の状態を悪くさせるような成分を使った化粧品もあるんです。どんなに評判の良い化粧品であっても、肌に悪い成分が入っているのは考えものですよね。購入する際には成分をきちんとチェックしてみましょう。パラベンパラベンとは、防腐剤の役割のある物質です。多くの化粧品に使われており、品質を保ち長期間保存できるように配合されていますが、当然肌のためになる成分ではありません。アレルギーの原因となるほか、染色体異常を起こしたり発がん性があるともいわれています。化粧品で頻繁に肌荒れを起こすというのなら、パラベンが配...
2015/08/05 12:29:05 |
ほんの数分だからと紫外線対策しないで屋外に出ると、それだけで肌はダメージを受けてしまいます。服で覆われていて全く紫外線が当たらない部分は、年齢に関係なく肌の状態は変わらないといいますから、いかに紫外線が悪影響を及ぼしているかが分かりますね。美容だけでなく、皮膚がんや紫外線アレルギーなどを発症させ健康にも害を与える紫外線、ちゃんと対策していきましょう!SPF値日焼け止めを選ぶ時、目安にする数字と共に「SPF」と記されていますね。これは紫外線B波をどれだけカットできるかの目安です。サンバーンという皮膚を赤くする日焼けを起こすまでの時間を、どれだけ伸ばす力があるかを表しています。例えばSPF値15な...
2015/08/05 12:26:05 |
肌の老化の原因となるものといえば、まず紫外線が思い浮かびますね。その他にもう一つ、活性酸素があります。活性酸素は呼吸によって取り込んだ酸素の一部が、体内で有害な物質になってしまうもので、ストレスや不規則な食生活、喫煙、そして紫外線も外的要因となって発生しやすくなります。活性酸素の発生を抑えるには規則正しい生活やストレスの軽減、紫外線対策などがあげられますが、できてしまった活性酸素には抗酸化物質を取り入れることで対抗することが可能です。スキンケアに使用する抗酸化成分には、実に様々なものがあるんです。ビタミンC(L-アスコルビン酸)美白成分としても知られているビタミンCですが、活性酸素で酸化される...
2015/08/05 12:23:05 |
美肌になるために奮発して高い乳液やクリームを購入して使っているけれど、それほど効果を感じられないというのなら、しっかり保湿ができているか見直してみましょう。スキンケアの基本はまず保湿すること。うるおった肌に使ってこそ乳液やクリームも効果を発揮できるんです。有効な保湿成分が配合された化粧水を使うことから美肌を目指しましょう。セラミドセラミドは角質層の細胞の間に存在する成分で、冬の寒い時期や加齢によっても減少してしまいます。セラミドが減少すると肌は保湿力を失って乾燥し、外部からの刺激に弱くなってしまいます。乾燥による肌荒れにはセラミドの配合されたスキンケアが有効です。なじみやすくべたつきにくいので...
2015/08/05 12:20:05 |
シワ、ハリのなさ、くすみ等々、年齢を重ねることで肌はどんどん老化していまいます。肌のターンオーバーが遅くなり、潤いや弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが不足してしまう、これらは誰にでも平等に訪れる変化です。このまま何もせずあきらめてしまいますか?肌の再生を促す成分を利用することで、肌の劣化を食い止めることは可能なんです!しぼんでしまう前に、さっそく利用してみましょう。ビタミンC美白成分として周知されているビタミンCですが、美肌のための万能成分でもあるんです。コラーゲンを増加させたり、抗酸化作用もあり、もちろん美白効果もあります。非常に肌に良い成分ではありますが、ビタミンC...
2015/08/05 12:18:05 |
どんなに紫外線に気をつけても、いつの間にかできてしまうのがシミですよね。程度の差はあるけれど、誰にでもできてしまう可能性があります。紫外線から肌を守るのはもちろんですが、美白成分が配合された化粧品を使うことも大切。でも、美白効果のある成分っていろいろあるけれど、どらを選んだらいいのか迷いませんか?まず、どんな種類があってその特徴がどういうものなのか知っておきましょう!ビタミンC美白と言ったらまず思い浮かぶのがビタミンCではないでしょうか。野菜や果物、サプリメントなどで摂取して体の中から美白に働きかけることもできますし、美容液など化粧品として使うことでも美白効果が期待できます。紫外線によってメラ...